カードローン 消費者金融

アイフル審査に通るには?審査ポイントと審査の流れを徹底解説!

投稿日:

アイフル
「アイフルでお金を借りたい!」

このような時に、最大の障害になるのが審査ですよね。

アイフルには審査があるため、その審査を通過できなければ借入ができません。

そのため、「どうすれば審査に通過できるのか?」といった点を知りたい人が多いかと思います。

そこで、この記事では、アイフルの審査通過のポイントを解説してみました。

また、審査の流れまでもお伝えしていますので、この記事を読んでもらえれば、アイフルの審査に迷いなく申し込みが可能となります。

アイフル審査に通るにはこの5つが重要!

アイフル審査に通るには、以下の5つが重要になってきます。

  • 申込基準を満たすこと
  • 安定した収入源があること
  • 総量規制をオーバーしないこと
  • 信用情報に問題がないこと
  • 在籍確認ができること

最低でもこの5つの条件を満たさなければ、審査に通る見込みはないと思って間違いありません。

それでは、次章よりこの5つのについて詳しくお伝えしていきます。

アイフルの申込基準を満たしているか要確認!

はじめに、アイフルの申込基準を満たしているか確認しておきましょう。

アイフルの申込基準は以下のようになっています。

  • 満20歳以上であること
  • 定期的な収入と返済能力があること

この2つを満たさないことには審査に通りません。

とくに20歳未満ですと、100%審査落ちになってしまうので気をつけてください。

審査に通過したいなら「安定収入」は必須!

アイフルの審査に通過するためには、「安定収入」が必須となります。

安定収入とは、「毎月継続的に収入があるか?」という部分です。

アイフルで借入をすると毎月返済してく必要があるため、毎月返済を滞りなくしていけるだけの収入が求められます。

そのため、安定した収入が必要になってくるのです。

よって、審査に通過したいなら、1ヶ月に1回はなんらかの形で収入を得ていることが絶対条件です。

とはいえ、これはアルバイトやパートの収入でも全然問題ありません。

ようは、毎月継続して収入が得られている状況であれば、基本何でも良いため、正社員である必要もないんですね。

アイフルは消費者金融なので「総量規制」の対象!

アイフルは消費者金融なので「総量規制」の対象になります。

総量規制とは?

総量規制とは、貸金業者は顧客に対し、他の貸金業者の借入と合計して、年収の1/3までしか融資してはいけないという法律です。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)


このため、すべての貸金業者の借入金と合計して年収の1/3までしか借入できません。

よって、他の貸金業者の借入が年収の3分の1をオーバーしていると、100%審査落ちになります。

また、年収の1/3に近い場合も審査落ちの可能性が高くなります。

たとえば、年収300万円の人の場合、総量規制の借入上限は100万円です。

この人が他の貸金業者で90万円借入している場合など、総量規制の借入上限に近いほど、審査に通りにくくなるので注意しましょう。

貸金業者以外の借入も多過ぎると審査落ちの可能性が高まる!

貸金業者以外の借入も多過ぎると、審査落ちになることがあるので気をつけましょう。

ここで言う、貸金業者以外の借入とは、銀行や信用金庫、労働金庫などの以下のような無担保で現金を借入できるローンです。

  • カードローン
  • フリーローン

銀行や信用金庫、労働金庫などは貸金業者でないため、上記のような商品を利用しても、総量規制の年収1/3にはカウントされません。

しかし、アイフルの審査ではこうした借入も審査に影響してきます。

なぜなら、このような他社借入の金額や件数が多いほど、毎月の返済負担が大きくなり、アイフルの返済に使えるお金が少なくなるからです。

そのため、こうした他社借入の金額や件数が多すぎると、「返済していけるだけの余力がない」と判断されやすくなり、審査にも通りづらくなってしまいます。

信用情報に問題があると審査落ちの可能性が高まる!

アイフルの審査には「信用情報への照会」があります。

信用情報とは

信用情報とは、「個人信用情報機関」にある、あなたが利用したクレジットカードやローンの記録のことを指します。いわゆる、「クレジットヒストリー(クレヒス)」と呼ばれるものです。

そのため、信用情報に問題があると審査落ちになる可能性が高いです。

信用情報に問題があると判断されてしまうのは、以下のようなケースになります。

  • 延滞記録
  • 事故情報

返済期日を守らないと「延滞記録」が残る

信用情報にはクレジットカードやローンなどの返済記録が残りますので、返済期日を守らないと「延滞記録」が残ってしまいます。

言うまでもなく、この記録は審査にとって大きなマイナスです。

延滞するような人はお金に関して信用できませんし、お金がなくて返済ができないとも判断できます。

このため、利用中のクレカやローンの返済期日は必ず守るようにしてください。

携帯電話の本体分割の支払いも遅れるとNG!

携帯電話の本体分割を利用している人は、電話料金の延滞にも気をつけなくてはいけません。

携帯電話の本体分割は「割賦契約」となりローン扱いですので、信用情報に返済状況が記録されます。

そして、分割購入の返済金は電話料金と一緒に請求がきます。

そうした事から、電話料金の支払期日を守らないと、分割購入の支払いを延滞したことになり、その記録が信用情報に残ってしまうんですね。

事故情報があると即アウト!

信用情報に「事故情報」があると、アイフルの審査のはまず通りません。

事故情報というのは、個人信用情報機関で「金融事故」として扱われるものであり、以下の4つが代表的です。

信用情報の代表的な異動情報

  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

これらを過去に起こしてしまった場合、その情報が信用情報から消えるまでの5年~10年の間は、アイフルの審査に通る見込みはほとんどありません。

アイフルの審査には「在籍確認」がある!

アイフルの審査には「在籍確認」があります。

このため、この在籍確認もしっかりとクリアできないと審査に通過できません。

在籍確認は現在の勤め先に電話でされるため、「職場の人に借金がバレないか不安・・・」という人が多いかと思います。

しかし、アイフルの在籍確認ではそうした心配は不要ですので安心してください。

在籍確認の電話は「非通知・担当者の個人名」でされる

アイフルの在籍確認は、「非通知・担当者の個人名」でされるのが基本です。

このため、他人が対応したとしても、アイフルの在籍確認とはわからないようになっています。

また、「どのような用件でしょうか?」などと聞かれても、決してカードローンの在籍確認とは言いません。

そのような場合は、アイフルのオペレーターが上手に誤魔化してくれるので安心してください。

在籍確認は書類提出という形にも変更可能

アイフルの在籍確認は、「書類提出」という形にも変更できる場合があります。

いくら他人バレの心配がないとはいえ、「会社に電話するのは避けて欲しい」という人もいるでしょう。

また、「今日中に借入したいけど、会社が休業日なので在籍確認ができない」といったケースもあります。

そうした場合、審査担当者に相談すれば在籍確認を電話ではなく、書類提出という形にしてもらえることもあるんですね。

その場合は、給与明細や社会保険証など、「勤め先を確認できる書類」を提出します。

アイフルの審査の流れはこんな感じ!

ここからは、アイフルの審査の流れをお伝えしていきます。

申込前に確認しておけば、スムーズな申し込みができるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

申込方法はこの4つ

アイフルの申込方法は以下の4つです。

  • インターネット
  • 電話(0120-201-810)
  • 店頭窓口
  • 契約ルーム

おすすめの申込方法はインターネットです。

インターネットなら、パソコンやスマホのみで手続ができ、申し込み~借入まですべて自宅で完結可能です。

審査に必要な書類はこの2点

審査に必要な書類は以下の2点です。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明

本人確認書類

本人確認書類は必ず必要となり、次のいずれかの1点を提出します。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード

収入証明

収入証明が必要なのは以下のいずれかに当てはまる場合です。

  1. 限度額50万円超を希望する場合
  2. アイフルの希望限度額と他社の借入額の合計が100万円超になる場合

上記に当てはまる場合は、収入証明として以下のいずか1点を提出します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

審査申込から借入までの流れ

インターネットの場合、審査申込から借入までの流れは次のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入

申し込み

まずは、アイフルの公式サイトから申し込みします。

「なるべく早く審査を終えたい!」という場合は、「カード申込・受付完了メール」が届きましたら、「フリーダイヤル(0120-337-137)」まで電話しましょう。

そうすれば「お急ぎ審査」が利用でき、審査を優先的にしてもらえ、審査が終わるのが早くなる可能性があります。

審査~契約

アイフルの審査は最短30分で完了し、結果は電話かメールでの通知となります。

審査通過後は契約手続となり、必要書類を提出します。

必要書類は「書類提出サービス」や「メール」によって、WEB上から手軽に提出可能です。

借入

契約後はすぐに借入可能です。

「平日14:10まで」なら、即日振込してもらえます。

また、後日カードが届きますので、そのカードを使えば「アイフルATM」や「提携ATM」からも借入可能です。

アイフル審査のポイントまとめ

アイフルの審査に通過したいなら、以下の5つの条件をクリアできることが必須となってきます。

アイフル審査に通過する5つのポイント

  • 申込条件を満たせる
  • 安定収入があること
  • 総量規制をオーバーしない
  • 信用情報に傷がない
  • 在籍確認を問題なくできる

これら5つの内、どれかひとつでもクリアできないと、審査に通る見込みはありません。

しかし、すべて問題ないのであれば、アイフルの審査に通過できる可能性は非常に高いです。

そして、この5つの条件はどれもそれほど厳しいものではないため、アイフルの審査に通過するのは決して難しくはありません。

-カードローン, 消費者金融

Copyright© お金借りるならどこ?お金借りたい!即日融資で安心できるのはここ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.