みずほ銀行がお得に利用できるみずほマイレージクラブカードとは?

みずほ銀行といえば日本3大メガバンクの一つですが、テレビで度々CMの流れる「宝くじ」を発行している銀行として有名です。そのみずほ銀行はキャッシュカードとクレジットカードの一体になった「みずほマイレージクラブカード」を発行しています。

そして、カードを使用すると、みずほ銀行・「みずほマイレージクラブ」のお得な特典を利用できます。

みずほマイレージクラブの利用条件

「みずほマイレージクラブ」というのは、みずほ銀行が個人向けに提供している入会金、年会費無料の会員サービスです。

マイレージクラブに入会すると自動的に入会した月から翌々月までマイレージクラブの特典を利用できます。ただ、それ以降は一定の上限を満たさないと特典を利用できなくなります。

特典の利用には以下の条件のどれか1つを満たすことが必要です。
・みずほ銀行またはみずほ信託銀行における円預金、貯蓄預金、定期預金、みずほ証券におけるMMF、MMRなどの月末残高が10万円以上あること。
・みずほマイレージクラブカードの利用が毎月1回(手数料の発生する買い物)以上あること。
・みずほ銀行やみずほ信託銀行に信託、または外貨預金があること。
・みずほ銀行の住宅ローン、カードローンの借入残高があること。
・みずほ銀行またはみずほ証券にNISA口座を所有していること。

一番クリアしやすいのは公共料金をマイレージクラブカードで支払うか、給与の振込先口座をみずほ銀行にすることです。

みずほマイレージクラブの特典

みずほマイレージクラブには以下のお得な特典があります。
①みずほ銀行ATMやイオン銀行ATMの利用手数料が無料
営業時間外(休日含む)であっても、ATM利用手数料が無料になります。さらに、イオン銀行のATMも営業時間外手数料が無料です。なお、利用回数に制限はありません。
②コンビニATM利用手数料が月4回まで無料
提携コンビニのローソン、セブンイレブン、E-netのATMでも1ケ月に4回までなら利用時間に関わらず無料になります。
③みずほ銀行ATM、イオン銀行ATM、みずほダイレクトからの振込が無料
・みずほ銀行の本支店間の振込料金が無料
・他行への振込料金も最大で月4回まで無料
④不正利用への補償
キャッシュカードの紛失、盗難によって不正利用された場合、その損害を100万円(年間)まで補償してもらえます。ただし、不正利用が発生した日の翌日から10日以内にみずほ銀行への連絡と警察への届け出が必要です。

6種類のみずほマイレージクラブカード

マイレージクラブカードは全部で6種類あり、すべてクレジットカードとキャッシュカードが一体になっています。

ちなみに、「みずほマイレージクラブ会員専用ICキャッシュカード」という名称で、クレジットカード機能の付いていないICキャッシュカードもあります。

みずほマイレージクラブカード・セゾン・アメリカンエキスプレスカード・ベーシック

年会費無料
国際ブランドアメリカンエクスプレス
利用可能枠最高80万円
海外旅行保険(自動付帯)死亡・後遺障害1,000万円、傷害・疾病100万円、賠償責任1,000万円、携行品損害90万円
永久不滅ポイント1,000円ごとに1ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント:5円相当)
特典西友・リヴィン・サニーで購入額が5%割引(5日・20日)※請求時割引

みずほマイレージクラブカード・ANA

年会費無料
家族カード無料※キャッシュカード機能無し
国際ブランドmastercard
利用可能枠最高80万円
永久不滅ポイント1,000円ごとに1ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント:5円相当)
ANAマイル200円ごとに1マイル※楽天Edy払い
特典ANAマイレージクラブ、電子マネー楽天Edyの機能搭載
マイルの貯め方は以下の3通りです。
・スターアライアンス加盟会社の飛行機に搭乗
・楽天Edy200円利用ごとに1マイル
・永久不滅ポイント100ポイントを350マイルに交換
なお、クレジットカード払いで楽天Edyにチャージすることができますが、永久不滅ポイントはつきません。

みずほマイレージクラブカード・セゾン・Suica

年会費無料
国際ブランドVISA
利用可能枠最高80万円
永久不滅ポイント1,000円ごとに1ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント:5円相当)
特典西友・リヴィン・サニーで購入額が5%割引(5日・20日)※請求時割引 Suica機能搭載
Suicaのオートチャージ機能が利用できます。また、永久不滅ポイント200ポイントでSuicaを1,000円チャージすることができます。

UCマスターカード

年会費無料
家族カード無料※クレジット機能のみ
国際ブランドmastercard
永久不滅ポイント1,000円ごとに1ポイント
利用可能枠最高80万円
ポイント還元率0.5%(1ポイント:5円相当)

セゾンVISA/JCB

年会費無料
国際ブランドVISA・JCB
利用可能枠最高80万円
永久不滅ポイント1,000ごとに1ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント:5円相当)
特典西友・リヴィン・サニーで購入額が5%割引(5日・20日)※請求時割引

UCマスターカード・ゴールド *クレジットカード専用も有

年会費10,000円
家族カード1名無料、2名より1,000円
国際ブランドmastercard
利用可能枠最高300万円
海外旅行保険※自動付帯死亡・後遺障害5,000万円、傷害・疾病200万円、賠償責任2,000万円、携行品損害100万円、救援者費用200万円
国内旅行保険※自動付帯死亡・後遺障害5,000万円、入院5,000円(1日)、通院2,000円(1日)
ショッピング保険最高300万円
永久不滅ポイント1,000円ごとに1ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント:5円相当)
特典空港ラウンジ無料

みずほマイレージクラブカードの申込方法

みずほマイレージクラブカードの申込はみずほ銀行から行いますが、便利なのはインターネットの利用です。

ただし、インターネットから申し込む場合はみずほダイレクトまたはみずほマイレージクラブに入会していることが必要です。なお、ゴールドカードは年齢が25歳以上で、年収500万円以上でないと申し込めません。

インターネットからの申込

みずほ銀行のホームページから「みずほマイレージクラブ」、「お申し込み」、「インターネット申し込み受付ページ」へと進みます。
①申し込み受付ページに表示されている4種類のキャッシュカードの中から所有しているカードの申込受付ボタンをクリックします。
②最初に利用規定の記載されているページが出るので、確認した後、「規定に同意する」ボタンをクリックします。
③その後、次々に申込用フォームが表示されるので、必要事項を記入していきます。
④最後に、「ネット口座振替受付サービス」で口座振替の申込をして完了です。
⑤入力したメールアドレスに受付完了メールが届きます。

申込受付から約2~3週間でみずほマイレージクラブを利用することができます。カードは約3~4週間で送られてきます。そのため、キャッシング機能でお金借りたい人はカードローンの方が圧倒的に早く借りれます。

みずほマイレージクラブは何と言っても時間外ATM利用手数料の無料や、振込手数料の無料が魅力です。みずほ銀行をメインバンクにしている人は加入して損の無いサービスです。

ANA JCBプリペイドカードのメリットデメリットは?ANAマイルはどれだけ貯まるのか?

ANAから新しいプリペイドカードが発行されました。それが、「ANA JCBプリペイドカード」です。

その名の通り、ANAとJCBが提携したプリペイドカードであり、JCB加盟店で買い物に利用できる機能とANAマイレージクラブの機能の2つが付いています。

ANAのプリペイドカードにはすでに、ANA VISAプリペイドカードがありますが、ANA VISAプリペイドカードはカードの利用でANAマイルの貯まる「マイルコース」しかないのに対し、ANA JCBプリペイドカードはマイルコースの他に、バリュー(チャージ金)を還元する「キャッシュバックコース」があり、利用者が任意でどちらかを選択することができます。

また、ANA JCBプリペイドカードには一定のチャージ額に応じてマイルかバリューが付与されるサービスも提供されています。

ANA JCBプリペイドカードはどんなカード?

カードのカラーはシルバー、ブルー、ピンクの3種類があります。JCB加盟店であれば、ネットショップでも利用可能ですが、ガソリンスタンドや有料道路料金、保険料、電話料金、家賃など、「反復継続的」に利用する料金の支払いには使えないものがあります。

なお、チャージした金額分だけ使用するプリペイドカードであるため、信用取引のクレジットカードと違って審査は無く、中学生を除く15歳以上の日本国内居住者なら基本的に誰でも利用できます。

ANA JCBプリペイドカードの利用料金は?

年会費は無く、チャージにおける手数料も無料です。ただし、初回チャージ時に利用開始手数料として540円(税込)が掛かります(2018年3月までは無料)。

バリュ―の残高上限は30万円であり、1回当りの利用上限金額も30万円です。

なお、ANA VISAプリペイドカードはVJ協会・オムニ協会加盟各社発行のVisa、MasterCardのクレジットカードからのチャージでないと、200円(税込)のチャージ手数料が発生します。

ANA JCBプリペイドカード有効期限はいつまで?

カードの有効期限は5年で、バリューの有効期限は最終利用日か最終チャージ日から2年になっています。従って、2年の間に何らかの利用をしないと、チャージされているバリューが使えなくなります。

なお、有効期限に近づくと、新しいカードが送られてきます。ただし、利用した履歴が全くない場合は新しいカードが発行されない可能性があります。

プリペイドカードのチャージ方法

チャージ方法には、ホームページの「マイページ(会員専用サイト)」においてJCBのクレジットカードからチャージする方法と、ローソン店頭での現金によるチャージの2つがあります。

1回のチャージ上限額は49,000円で、1,000円単位でチャージすることができます。

ちなみに、チャージ方法は今後増える予定になっています。

ANA JCBプリペイドカードの付帯サービスは?

マイルコースとキャッシュバックコースの2コースがあり、マイルコースはANAマイレージクラブカードと同様に、ANAや提携航空会社の飛行機搭乗、セブン-イレブンやイトーヨーカドー等の提携パートナーでの利用でANAマイルが貯まります。

キャッシュバックコースはカードの利用金額に応じたバリューが自動的にキャッシュバックされます。

マイルコース

月間利用合計金額1,000円(税込)に付き、ANAマイルが5マイル付与されます(付与率0.5%)。貯まったマイルは特典航空券などに交換できます。

なお、マイルの価値は特典航空券に交換すると、1マイルが1.5~2円に相当するため、還元率は0.75~1%と高率になります。

また、「チャージボーナス」があり、半年間のチャージ合計額が12万円以上になると180マイル、24万円以上で360マイルがプレゼントされます。

キャッシュバックコース

月間利用合計金額200円(税込)に付き1円のバリューが還元され(還元率0.5%)、ANA JCB プリペイドカードの残高に自動的に上乗せされます。

マイルコース同様、「チャージボーナス」があり、半年間のチャージ合計額が12万円以上で180円、24万円以上で360円がプレゼントされます

セキュリティ

ANA JCB プリペイドカードは会員登録(無料)を行うと、便利なセキュリティサービスを利用できます。

サービスにはカードを使えないようにする「セキュリティロック」機能があり、WEBサイトのマイページ上でいつでも簡単に設定・解除できます。

また、カードを利用したごとにメールを送信してもらうメール通知機能や、カードの利用に対して本人認証を行う「J/Secure(ジェイセキュア)」(いわゆる3Dセキュア)にも対応しています。

「J/Secure」とは、「J/Secure」加盟店でインターネットショッピングをする際に、通常の取引情報に加え、パスワードの入力によって本人認証を行うサービスのことです。

これがあることで、安心してネットショッピングに利用できます。

ANA JCB プリペイドカードはプリペイドカードであるのに、0.5%の還元率で自動的にキャッシュバックを受けられるのがメリットと言えます。

また、初めて利用するネットショップの場合、クレジットカードで決済するのは不安を覚えるものですが、そんな時はプリペイドカードが役に立ちます。

なお、WEBサイトのマイページでは利用履歴やバリュー残高などのカード情報をいつでも確認することができます。

電子マネーと一体型のクレジットカードはどれ?おすすめは?

電子マネーが提供され始めてから10年が過ぎ、電子マネーを使用していない人が少ないくらいにまで普及しています。

電子マネーのメリットは何といっても現金を持ち歩かなくても済むことであり、買い物の精算がスムーズにでき、おつりを間違う心配もありません。

また、交通系の電子マネーであれば、切符を買ったり、現金を支払ったりしなくても電車やバスに乗車できます。

電子マネーのプリペイド型とポストペイ型とは?

電子マネーには「プリペイド型」と「ポストペイ型」の2種類があります。
・プリペイド型:こちらのタイプが主流であり、使用する前に電子マネーをカードやおサイフケータイにチャージしておきます。
・ポストペイ型:事前のチャージの必要はありませんが、決済に対応するクレジットカードが必要です。クレジットカードのオプションのような役割になっています。

ちなみに、おサイフケータイとはスマホやケータイに電子マネーのアプリをダウンロードし、カードと同じように利用するものです。

主な電子マネーの比較一覧

電子マネー加盟業者数代表的加盟店対応おサイフケータイ
楽天Edy
プリペイド式
約5万店全コンビニ・ANA・Amazon・ヨドバシカメラ・高島屋他NTTドコモ・au・ソフトバンク
nanaco
プリペイド式
約1.1万店セブン&アイ・西武百貨店・コメダ珈琲・ビックカメラ他NTTドコモ・au・ソフトバンク
WAON
プリペイド式
約2.6万店イオン・コンビニ(セブンイレブン以外)・吉野家他NTTドコモ・au・ソフトバンク
Suica
プリペイド式
約3.6万店全コンビニ・イオン・ビックカメラ・NEWDAYS他NTTドコモ・au・ソフトバンク
PASMO
プリペイド式
約3.6万店基本的にSuicaの使える店舗無し
iDポストペイ式約4万店全コンビニ・イオン・ビックカメラ・TSUTAYA他NTTドコモ
QUICPay
ポストペイ式
約1万店全コンビニ・マツモトキヨシ・なか卯・ヨドバシカメラ他NTTドコモ・au・ソフトバンク

電子マネーと一体型の主なクレジットカード一覧

【楽天Edy:ポイント還元率0.5%】

 楽天カードヤマダLABI ANAマイレージクラブカード
年会費無料487円(年一度の利用で無料)
ポイントプログラム楽天スーパーポイント永久不滅ポイント
ヤマダポイント
付与ポイント100円:1ポイント永久不滅ポイント
1000円:1ポイント
ヤマダポイント
100円:10ポイント
ポイント還元率1.0%(1ポイント:1円)永久不滅ポイント
0.5%(1ポイント:5円)
ヤマダポイント
10.0%(1ポイント1円)

【nanaco:ポイント還元率1.0%】

 セブンカードプラス
年会費500円(年間5万円の利用で無料)
ポイントプログラムnanacoポイント
付与ポイント200円:1ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント1円)

【WAON:ポイント還元率0.5%】

 イオンカードセレクトコジマ×ビックカメラカード
年会費無料無料
ポイントプログラムときめきポイントときめきポイント
コジマポイント
付与ポイント200円:1ポイント200円:1ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント:1円)0.5%(1ポイント:1円)

【Suica:ポイント還元率0.5~1.0%】

 ビュー・スイカカードビックカメラSuicaカード
年会費477円(WEB明細利用で実質無料)477円(年一度の利用で無料)
ポイントプログラムビューサンクスポイントビューサンクスポイント
ビックポイント
付与ポイント1,000円:2ポイントビューサンクスポイント
1,000円:2ポイント
ビックポイント
1,000円:5ポイント
ポイント還元率0.5%(1ポイント:2.5円)ビューサンクスポイント
0.5%(1ポイント:2.5円)
ビックポイント
0.5%(1ポイント:1円)

【PASMO:ポイント還元率0.5~1.0%】

 ANA To Me CARD PASMO JCBTokyo Metro To Me CARD prime(JCB)
年会費2,000円2,000円
ポイントプログラムOki DokiポイントOki Dokiポイント
メトロポイント
付与ポイント1,000円:1ポイントOki Dokiポイント
0.5%(1ポイント:5円)
メトロポイント
0.5%(1ポイント:1円)
ポイント還元率0.5%(1ポイント:5円)Oki Dokiポイント
0.5%(1ポイント:5円)
メトロポイント
0.5%(1ポイント:1円)

【iD:ポイント還元率0.5%】

 dカード三井住友VISAクラシックカード
年会費
1,250円(年一度の利用で無料)1,250円(マイ・ペイすリボに登録し、年一度の利用で無料)
ポイントプログラムdポイントワールドプレゼント
付与ポイント100円:1ポイント1,000円:1ポイント
ポイント還元率1.0%(1ポイント:1円)0.5%(1ポイント:5円)

【QUICPay:ポイント還元率0.5%】

 Orico Card THE POINTJCBオリジナル一般カード
年会費無料1,350円(年間50万円の利用で無料)
ポイントプログラムオリコポイントOki Dokiポイント
付与ポイント100円:1ポイント1,000円:1ポイント
ポイント還元率1.0%(1ポイント:1円)0.5%(1ポイント:5円)

どの電子マネーが良いのかは各人の生活におけるニーズで変わります。なお、一体型クレジットカードは他にも色々あるため、事前の確認が必要です。

クレジットカード一体型は、もちろんキャッシング機能も付いていますので、お金借りるおすすめなどで他のクレジットカード一体型と比較して検討した方が良いでしょう。