カードローン 消費者金融

審査なしで借りれるカードローンはあるのか?お金借りる審査の注意点!

投稿日:

お金借りる審査なし
「急な出費で困った!今すぐお金を借りたい!!」

このような時に大変便利なのがカードローンですよね。

カードローンであれば、簡単な申込手続をするだけで、早ければ即日お金を借りることが可能です。

しかし、そんなカードローンは審査という難所が存在します。

このため、「審査なしで融資してくれる会社はないか?」と探している人も多いでしょう。

では、審査なしのカードローンは存在するのでしょうか?

審査なしのカードローンはありません!

審査なしで借入可能なカードローンは存在しません。

よって、カードローンに申し込むと必ず審査があります。

なぜ審査があるかと言いますと、申込者の返済能力と信用を確かめるためです。

カードローン会社は申込者の返済能力と信用で融資をおこなうため、それらを確認するには審査が不可欠です。

もし、審査なしで融資してしまうと、返済能力や信用のない人にお金を貸してしまうリスクがあります。

また、貸金業法では資金需要者から申込があった場合は、認定信用情報機関のJICCまたは、CICの信用情報を必ず照会して、返済能力の調査(審査)をしなければならないと義務付けています。

もし指定信用情報機関を照会せずに融資をした場合は貸金業法違反になります。

返済能力や信用が低い人にお金を貸した場合、延滞や貸し倒れの可能性があるため、カードローン会社にとっては避けるべき相手なんですね。

このため、カードローンには必ず審査があるのです。

審査なしと謳っていたらそれは闇金です!

審査なしと謳っている業者があったら、それは間違いなく闇金ですので注意してください。

先にもお伝えしたように、カードローンに審査なしというのはあり得ません。

また、「審査なし」というフレーズは誇大広告に当たるため、正規業者なら口が裂けても言いません。

そうした事から、このような業者は闇金ですので利用しないようにしましょう。

もし、利用してしまうと、法外な利息や強引な取り立てに苦しむことになります。

さて、ここまでお伝えしたようにカードローンには必ず審査がありますので、この審査に通過しないと借入できません。

しかし、カードローンの審査はそこまで難易度が高いわけではないので安心してください。

その点を次章よりお伝えしていきます。

カードローンの審査は最低限の基準を満たすだけでOK!

カードローンの審査は最低限の基準を満たすだけで通過できます。

その最低限の基準とは、おもに以下の2つです。

  • 安定収入
  • 信用情報

安定収入とは

安定収入とは、「毎月収入があるか?」という部分です。

返済を滞りなくおこなっていくには、毎月安定した収入が必要になります。

このため、カードローン会社は安定収入を非常に重視するのです。

その証拠にほとんどのカードローン会社の申込条件には、次のように「安定収入のある方」という記載があります。

出典:アコム「貸付条件」

よって、安定した収入がなければ、そもそも申込条件を満たさずに審査に通る見込みがないんですね。

しかし、この安定収入の基準はそう難しいものではありません。

ようは毎月収入がある状況であれば良いため、アルバイトやパートといった収入が低い人でもまったく問題はないのです。

信用情報とは

信用情報とは、「個人信用情報機関」にある記録のことです。

個人信用情報機関にはクレジット会社やローン会社などが加盟しており、自社の顧客の情報を提供しています。

このため、クレジットカードやローンを利用すると、個人信用情報機関にそれらの利用情報が記録されるんですね。

こうした情報を信用情報と呼びます。

そしてこの信用情報は審査時に、申込者の返済能力やお金に関する信用を調査するのに使われるのです。

カードローン会社も個人信用情報機関に加盟しているのが基本ですので、審査時には信用情報を確認されます。

このため、審査に通るには信用情報に問題がないことが重要になってきます。

しかし、「延滞」や「債務整理」などを起こさない限りは、信用情報が問題になるケースというのは少ないです。

そうした事から、信用情報の条件もクリアするのはそう難しくありません。

このように、カードローンの審査は安定収入と信用情報の2つが重要となります。

それは逆にこの2つに問題がなければ、通過できる可能性が高いことを意味するのです。

そこで、次章でより詳しく審査通過のポイントを解説していきますので参考にしてください。

わたしは審査に通りそう?審査に重要な5つのチェックポイント

カードローンの審査に通過するには、次の5つの項目に問題がないことが重要です。

  1. 安定した収入源
  2. 他社借入額と件数
  3. 総量規制
  4. クレカやローンの返済履歴
  5. 事故情報の有無
  6. 他社への同時申込

安定した収入源がある

先にも述べたように「安定収入」は必須です。

このため、アルバイトやパートでも良いので、月に1回は収入が得られる状況である必要があります。

他社借入額や件数が多すぎない

他社借入額や件数が多すぎないことも大切です。

他社借入額というのは、おもに次のような「無担保ローン」の現金の借入を指します。

  • カードローン
  • キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • フリーローン

こうした他社からの借入金額や件数が多いほど、毎月の返済額も大きくなるため、返済できる余力を少なく判断されてしまい、審査上不利です。

このため、他社借入額や件数はできる限りおさえることが重要になってきます。

どれくらいだと審査に落ちてしまうかは一概には言えませんが、

  • 金額は年収の1/3以上
  • 件数は3件以上

だと危険とされていますので、最低限でもこれ以下におさえたいです。

総量規制をオーバーしていない

消費者金融や信販会社のカードローンの場合、「総量規制」をオーバーしていないことも必須です。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業者は申込者に対して、他の貸金業者の借入と合計して年収の1/3までしか融資してはいけないという法律になります。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)


消費者金融などの貸金業者では、2010年6月18日よりこの総量規制が執行され、限度額が年収の1/3までに制限されました。

このため、たとえば、年収500万円の人なら、1/3の166万円までが限度額の上限です。

しかし、総量規制が執行される前は、年収の1/3を超える借入も可能でしたので、中には「現在も貸金業者から年収の1/3以上の借金がある・・・」という人も存在します。

こうした人の場合、貸金業者系カードローンの審査には100%通りません。

また、年収の1/3を超えていない場合でもそれに近いと審査落ちになる可能性が高いため、要注意です。

クレカやローンを延滞していない

クレカやローンの返済を延滞していないことも大切です。

これらの返済履歴は信用情報に一定期間残ります。

このため、返済日を守らないと「延滞した」という記録が残ってしまうのです。

1回程度の延滞であれば問題にならないケースがほとんどですが、何度も繰り返しているような場合は審査が厳しくなります。

とくに現在進行形で延滞中ですと、ほぼ審査に通らないと思っておきましょう。

信用情報に事故情報がない

信用情報に事故情報がないことも重要です。

事故情報というのは、個人信用情報機関で「金融事故」として扱われるものであり、おもに以下の4つです。

  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

これらを起こしてしまうと、信用情報に事故情報として記録されてしまい、その記録が残る5年~10年間はカードローンの審査に通るのが困難です。

複数社に同時申込をしていない

複数社に同時申込をしないことも大事です。

審査落ちしたときのための保険にと、複数の会社に申し込みをする人がいますが、これは逆効果ですので避けてください。

なぜなら、「申し込みブラック」になってしまう恐れがあるからです。

申し込みブラックというのは、複数社に同時申込したことが原因で審査に通らなくなる状態を指します。

なぜ、審査に通らなくなるかと言いますと、以下のような点をカードローン会社に警戒されてしまう可能性があるからです。

  • かなりお金に困っている
  • 何か重大な問題があり複数社で審査落ちしている

このような人にお金を貸すと、延滞や貸し倒れのリスクが高くなります。

そのため、カードローン会社は警戒して審査に落とすことがあるんですね。

そうした事から、お金借りるなら、複数社への同時申込はしないようにしてください。

さて、ここまでの解説でカードローンの審査で重要なポイントは理解してもらえたかと思います。

しかし、「どうしても審査が不安・・・」という人もいるでしょう。

そのような場合、「中消費者金融」という選択肢もあります。

審査に自身がないなら中小消費者金融も検討してみる!

審査に自身がない人は、中小消費者金融も検討してみるのがおすすめです。

消費者金融にはアコムやプロミスなどの大手以外にも、次のような中小の業者がたくさんあります。

こうした業者は知名度こそありませんが、おなじ大手消費者金融と貸金業者であり、無担保でお金を借りることが可能です。

そして、中小消費者金融は大手とは違う、「独自審査」を採用しているケースがあるという特長があります。

大手の場合、審査基準はどこも似たり寄ったりですので、その結果もおなじようになりがちです。

このため、1社でも審査に通らないと、他社でも審査落ちになる可能性が高いです。

しかし、中小消費者金融の場合はそうでないんですね。

各社によって審査基準が結構ことなるため、たとえ大手で通らない人でも審査に通過できる可能性が十分あるのです。

このため、「大手だと審査に通りそうにない・・・」という人は、中小消費者金融への申し込みも検討してみてはいかかでしょうか。

ここまでお伝えしたように、カードローンには必ず審査があります。

しかし、カードローン以外でしたら審査なしで借入できる方法がありますので、次章でそれらを紹介していきます。

カードローン以外なら審査なしの借入方法もある

審査なしで借入できる方法は次の2つです。

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 質入れ

これらはカードローンではありませんが、カードローンとおなじ現金の借入をすることができます。

クレジットカードのキャッシング枠

お使いのクレカに「キャッシング枠」が付属していれば、審査なしで借入可能です。

銀行振込やATMからすぐに借入できますので、早ければ即日お金を得ることができます。

ただし、キャッシング枠をまだ付属していない人は審査が必要です。

とはいえ、この審査はカードローンよりもかなり難易度が低いため、カードローンの審査に自身がなければ、こちらにチャレンジしてみるのもありでしょう。

質入れ

質屋で「質入れ」するという借入方法なら、審査もありません。

質入れとは、品物を担保にお金を借りる方法です。

ブランド品や貴金属などを質屋に預け、その品物の価値だけのお金が借入できます。

借入額が質入れする品物によって変わるため、カードローンよりも借りれる金額は少なくなりがちです。

しかし、審査なしですぐに借入できるという点は大きなメリットになります。

審査なしで借りれるカードローンはあるのか?まとめ

残念ですが、審査なしで借入できるカードローンは存在しません。

どのカードローン会社であっても、審査は必ずされます。

ただし、カードローンの審査はそこまでハードルが高いものではなく、最低限の基準を満たすだけで通過できます。

安定収入と信用情報に問題がなければ、大抵はすんなり通りますので過度な心配は不要です。

-カードローン, 消費者金融

Copyright© お金借りるならどこ?お金借りたい!即日融資で安心できるのはここ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.