カードローン

おまとめローンおすすめはどこ?おまとめローン審査に通るポイントを解説!

投稿日:


カードローンやキャッシングはいざという時に便利なものです。

しかし、それゆえに借りすぎてしまい気がつけば複数のローンを借りていた・・・なんてことにもなりかねません。

複数のローンを借りてしまうと返済負担が重くなるうえに管理が大変です。

そのまま返済を続けられればいいですが、それぞれ返済日が違うので返済を忘れてしまうこともあります。

ローンの返済を延滞してしまうと、次にローンを組もうとなったときでも審査に通りにくくなるので注意が必要です。

また、複数のローンがあるとそれだけ利息負担も重くなり、返済事態が苦しくなるリスクがあります。

そうなった時に検討したいのがおまとめローンです。

複数のローンをおまとめして、利息負担の軽減と管理を楽にする融資商品です。

今回は、おまとめローンについて詳しく解説していきます。

おまとめローンとは?そもそもどんなローンなの?

おまとめローンとは、複数のローンやキャッシングを1つにまとめる融資商品です。

複数のローンを一つにまとめることで、

  • 1つにまとめることで毎月の返済負担を軽減
  • 毎月1社の返済になるので支払の管理が楽になる

上記のメリットを得ることができます。

おまとめローンの仕組みは以下の通り。

  1. おまとめローンを扱う金融機関1社から借り入れする
  2. 既存の借り入れがある複数の金融業者へ全額返済する
  3. おまとめローンで借り入れした金融機関へ毎月返済する

例えば、A社から50万円、B社から40万円、C社から60万円を借り入れていたとします。

利息負担が重くこのままでは返済が困難になると考え、D社のおまとめローンで150万円を借ります。

借り入れた150万円を、A・B・C社それぞれに全額返済します。

A・B・Cは完済したので返済義務はなくなり、今後はおまとめローンD社へ毎月分割で150万円+利息分を返済していきます。

おまとめローンのメリット・デメリットとは?

おまとめローンにはメリット・デメリットがあります。

おまとめローンにはメリットしかないと勘違いされている方も多く、デメリットを見落としがちです。

どんなメリット・デメリットがあるのか、ここできちんと抑えておきましょう。

おまとめローンのメリット

  • 金利が下がり返済総額を減らせる
  • 返済先が1つになり管理しやすい
  • 信用情報に傷がつかない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

金利が下がり返済総額を減らせる

おまとめローン最大のメリットとも言えるのが返済総額を減らせることにあります。

基本的におまとめローンを組む場合、既存の借り入れよりも低金利のものを利用します。

そうすることで、利息は減り、結果的に総返済額を減らすことができるのです。

返済先が一つになり管理しやすい

おまとめローン利用後の返済先は、おまとめローンを扱っている金融機関1社のみになります。

複数の借り入れがあると、それぞれに返済しないといけないうえに、返済日もバラバラなので管理が大変ですよね。

おまとめローンなら、返済先は一つになるので手間が省けて、管理も楽になります。返済日忘れのリスクもなくなります。

信用情報に傷がつかない

元金や利息を減らす手段として債務整理があります。

性質的にはおまとめローンと似ていますが、債務整理を行うと信用情報に傷がつくため、当面の間、ローンを利用できなくなるというリスクがあります。

これに対して、おまとめローンは信用情報に傷が付きませんので今後もローンを利用することができます。

おまとめローンのデメリット

  • 借金そのものはなくならない
  • 総返済額が増えてしまうこともある
  • フリーローンに比べて審査が厳しい
  • 追加借入ができない

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

借金そのものはなくならない

おまとめローンは借金を減らす融資商品ですが、正確には利息を減らすものです。

勘違いされる方が多いのですが、元金が減るわけではありません。あくまで減らせるのは利息のみです。

低金利のおまとめローンにまとめることで利息がその分少なくなり、結果として総返済額が減っているだけです。

当然ながら借金そのものが無くなるわけでもありません。

総返済額が増えてしまうこともある

これはおまとめローンの落とし穴とも言えますが、おまとめローンを利用すれば必ず総返済額が減らせるわけではありません。

金利があまり変わらなかったり、返済期間が長くなってしまったりすると総返済額は変わらないケースがあります。

逆に総返済額が増えてしまうケースもあるので、利用するには注意が必要です。

フリーローンに比べて審査が厳しい

おまとめローンを利用するということは、1社からの借入額が高くなるということです。

ローン審査は、借入額が高額になるほど厳格に行われます。

そのため、通常のカードローンやキャッシングよりも審査は厳しくなると考えてください。

返済が遅れていたり、滞納経験があるなど返済で問題を起こしたことがあるとなると審査通過はほぼ不可能です。

追加借り入れはできない

すべての商品がそうではありませんが、基本的におまとめローンは追加借り入れができません。

返済専用が多く、利用限度枠に余裕があっても追加で借入することはできないのです。

また、おまとめローン利用後に、他社から借り入れした場合は契約違反とみなされ、一括返済を命じられることもあります。

おまとめローンにはどんな種類(タイプ)があるのか?

おまとめローンは銀行や消費者金融で扱っていますが、中には商品内容が異なるものもあります。

そのため、おまとめローンと思って申し込んだら「思っていたのと違う」なんてケースもあります。

しかし、借りた後でそうなっては困ってしまいますね。

おまとめローンで失敗しないためにも、おまとめローンにはどんなタイプがあるのかご紹介します。

おまとめ専用ローン

一般的に言われているおまとめローンは、この「おまとめ専用」のことです。

文字通り、おまとめに特化したローンで、複数の借り入れを一つにまとめ、その後は確実に返済していく商品です。

おまとめ専用ローンは、借入金を銀行振込にて既存の借入先に完済するのが基本です。

実際に現金を手にすることはありません。

また、おまとめ専用の場合、借り入れできる金額は既存の借り入れの合計額までとなります。

たとえば、既存の借り入れの合計額が200万円なら、おまとめ専用ローンで借りられるのは200万円までということです。

余分な借り入れは一切できません。

借り換え専用ローン

おまとめローンに似た商品に借り換え専用ローンがあります。

おまとめローンは複数の借り入れを一つにまとめるのに対し、借り換え専用ローンは、高金利のローンから低金利のローンへ借り換えることを目的としています。

中には、借り換え専用ローンをおまとめローンと称している金融機関もあるので注意してください。

フリーローン・カードローンタイプ

フリーローンは使いみち自由という点はカードローンと同じです。

そのため、フリーローンをおまとめローンとして使うことも可能です。

ただし、フリーローンは減速として返済専用なので追加借り入れはできません。

カードローンも、使用目的の項目に「おまとめ」「借り換え」などと記載されていれば、おまとめローンとして使用可能です。

フリーローン・カードローンとおまとめ専用ローンの大きな違いは、既存の借り入れの合計額以上に借り入れできる場合があることです。

たとえば、既存の借り入れの合計額が150万円でも、フリーローンやカードローンで200万円の借入ができるというわけです。

ただし、既存の借入とは区別して、別残高で借入するという前提で審査は行われます。

つまり、150万円の借入残高がある状態で、別枠として200万円の借入審査を受けることになります。

おまとめ専用ローンの場合、既存の借入がなくなること前提で審査されますが、フリーローン・カードローンではそうはいきません。

そのため、審査はかなり厳しくなります。

カードローンは返済していくうちに借入枠に空きがでるため、追加借り入れが可能になります。

そのため、せっかく返済が進んでも借り入れしてしまい、なかなか完済できない恐れがあります。

フリーローンなら基本的に追加借り入れはできないので、借り癖がある方や計画的に返済を進めたい方は、カードローンではなくフリーローンでまとめるのがいいでしょう。

【必見!】おまとめローン審査に通るためのポイント3選!

おまとめローンは、通常のカードローンやキャッシングより審査は厳し目です。

これは既に借入していることが大きな原因と言えます。

また、仮に審査に通ったとしても限度額が低くなる可能性も高いです。

では、どうすればおまとめローンの審査に通りやすくなるのか?

ここではおまとめローン審査のポイントについてご紹介します。

ポイント1.安定収入がある

大前提となる条件ですが、おまとめローン審査に通るためには安定収入があることは絶対です。収入が不安定な人に金融機関は融資しません。

「安定収入=高額収入」と思っている方も多いですが、おまとめローン審査における安定収入は毎月1回以上の収入があれば問題ありません。

もちろん、収入が多いほど返済余裕が高いですから借入金額が高額な場合は有利になるでしょう。

ただ、審査では収入の多い少ないよりも如何に収入が安定して入ってきているか?を重要視しています。

収入が不定期だと審査落ちする可能性が高いです。

収入の種類によっては審査に通らない可能性もあります。

給与収入と事業収入、この2つは大抵の金融機関で安定収入と認めています。

一方、不動産収入、投資収入、年金収入、アフィリエイト収入、専業主婦(配偶者の収入)の場合は金融機関によって評価は異なり、審査落ちの可能性も十分あります。

ただし、上記の収入形態であってもそれだけで即審査落ちとなるわけではありません。

おまとめローン審査の場合、借入額が高額となるため審査では源泉徴収票や確定申告書など収入を証明する書類を提出します。

それらの書類をもとに返済可能と判断すれば、審査に通ります。

ポイント2.信用情報に傷がついていない

安定収入があっても、信用情報に傷がついているとおまとめローンの審査に通るのは不可能です。

通常のカードローンやキャッシングであれば、多少の返済遅れ程度なら審査通過の可能性はあります。

しかし、おまとめローンは借入額が高額となるので、通常のカードローンよりも審査は厳格です。

たった一度の返済遅れでも審査落ちする可能性は高いです。

審査では、申込者の信用情報が必ずチェックされます。

信用情報とは、簡単に言えばローンやクレジットカードの利用履歴のこと。

毎月の返済状況や延滞情報、債務整理の情報が管理されています。

例えば、A社のカードローンで返済延滞すれば、その事実が信用情報に記録されます。

金融機関の審査担当者が信用情報を見た時に「この人はA社で返済を延滞したことがあるな」とわかってしまうということです。

このように、返済で問題を起こすとその事実が記録され信用情報に傷がつくと言います。

ポイント3.他社借入が多すぎないこと

おまとめローンは複数の債務を一本化するのが目的です。

しかし、債務が多すぎると審査に通らず一本化できない可能性が高いです。

具体的に借入が何社以上あると審査落ちになるのか?その基準は金融機関によって異なります。

一般的には、借入件数が4社以上あると審査落ちの可能性が高いです。5社以上だと、まず審査には通らないと思ったほうがいいでしょう。

もし、借入件数が4社以上ある場合は、完済して借入件数を3社以下に減らしてからおまとめローンに申し込むほうが無難です。

おまとめローンの注意点

おまとめローンは複数の借り入れを一つにまとめて返済を楽にする商品です。

しかし、商品の選び方や方法によっては楽にならないどころか、逆に苦しくなることもあります。

おまとめローン利用時の注意点を見ていきましょう。

注意1.金利が下がらない

大抵の場合、おまとめローンは金利が数%下がりますが、確実に保証されているわけではありません。

逆に金利が上がってしまうこともあります。

実際に金利が何%になるかは審査に通らないとわかりませんので、思っていたよりも金利が下がらなければ、おまとめローン自体を見送ったほうがいいでしょう。

おまとめローンを選ぶ際は、上限金利をチェックするといいです。

たとえば、現在の借入が3社あり金利がいずれも17.5%において、下記のようなおまとめローンがあったとします。

•おまとめローンA:金利3.0%~18.0%
•おまとめローンB:金利8.0%~14.0%

一見するとおまとめローンAのほうが下限金利が低いので魅力的です。

しかし、先述した通り適用金利は審査に通らないとわかりません。

おまとめローンAに申し込んで実際に適用される金利が18.0%だったら、利息負担は減るどころか増えてしまう恐れがあります。

一方、おまとめローンBは下限金利こそ低くないものの、上限金利は14.0%とおまとめローンAよりも低いです。

おまとめローンBなら、仮に上限金利が適用されたとしても14.0%ですから、利息負担を減らせる可能性が高いです。

このようなケースも考えられるので、おまとめローンを選ぶ際は下限金利よりも上限金利を気にするようにしましょう。

注意点2.返済期間が伸びて総返済額が増える

おまとめローンで金利が下がっても、総返済額が増えてしまう場合もあります。

それはどんな場合かと言うと、返済期間が伸びてしまう場合です。

返済期間を伸ばすと月々の返済額が減るので、そういった意味では返済負担を軽くできます。

しかし、その分利息を多く払い続けることになるので結果的に総返済額が増えてしまうのです。

例えば、150万円を借りて「金利12%で返済期間24ヶ月」と「金利10%で返済期間36ヶ月」で比較してみましょう。

金利 返済期間 月々の返済額 総返済額 総返済額の差
12.0% 24ヶ月 70,610円 1,694,632円
10.0% 36ヶ月 48,400円 1,742,413円 +47,781円

金利10%で返済期間36ヶ月のほうが、月々の返済額は約2.2万円ほど少なくなっています。

しかし、総返済額は4.7万円も増えています。

このように金利が下がっても、返済期間を伸ばしてしまうと総返済額が増えてしまうのです。

もっとも、毎月の返済負担を軽くすることが目的ならそれでも構いませんが、ムダに返済期間を伸ばしすぎると、その分利息を多く払うことになるということは覚えておいてください。

おまとめローンのおすすめはどこなのか?

おまとめローンは消費者金融と銀行が主に取扱しています。

数あるおまとめローンの中でどれが良いのか迷っている方のために、おすすめのおまとめローンをご紹介します。

アイフル 「かりかえMAX」
貸付金額 1~800万円
金利 3.0%~17.5%
返済期間 最長10年(120回)
申込資格 ・満20歳以上
・初めてアイフルを利用する
・定期的な収入と返済能力を有する
必要書類 ・他社借入条件が分かる書類
・本人確認書類
・源泉徴収票など収入を証明する書類
契約方法 ・店頭窓口
・郵送
審査時間 最短30分

大手消費者金融アイフルが取り扱う「かりかえMAX」です。

おすすめポイントは4つあります。

おすすめポイント1:幅広いローンをおまとめ可能

一般的に消費者金融のおまとめローンは、銀行カードローンとクレジットカードのショッピングリボはおまとめできません。

そのため、銀行のおまとめローンのほうが使い勝手が良いと言えます。

しかし、アイフルのおまとめローン「かりかえMAX」は、銀行カードローンもショッピングリボもおまとめすることが可能です。

消費者金融のおまとめローンでは使い勝手が一番良いと言えます。

おすすめポイント2:100万円を超えるおまとめで金利は15.0%以下!

金利は通常のカードローンと大差ないですが、おまとめする金額が100万円を超えれば金利は強制的に15.0%にまで下がるので、高金利の消費者金融を一本化するのに最適です。

おすすめポイント3:限度額が最大800万円!高額なおまとめも安心

おまとめローンは、複数の借り入れを一本化するため必然的に大きな限度額が必要になります。

アイフルのかりかえMAXは限度額が最大800万円なので、高額なおまとめにも対応できます。

おすすめポイント4:最短30分で審査完了!すぐにおまとめしたい方に!

審査は最短30分、早ければ申し込んだその日に融資を受けることも可能。

銀行のおまとめローンだと、審査だけで2週間近くかかることもザラにあります。

アイフルのかりかえMAXは、今すぐにおまとめしたい方におすすめです。

-カードローン

Copyright© お金借りるならどこ?お金借りたい!即日融資で安心できるのはここ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.